トイレがつまってしまうことはたびたびあるものであり、その対処法は家庭で出来ることとしてかなり限られてしまいます。その中でも良く使われて効果のある対処法を知りたいという人も多くいるものです。トイレがつまった場合に、最初に行われるのは余分な水をもう一度流すか、ポンプで圧力をかけるかといった手法がよく知られています。もう一つ、トイレのつまりに対処する方法としてお湯を使って溶かして流れやすくするという方法があります。

多かれ少なかれ、物体は温度の変化でもろくなったり変化するものです。それは薬品や水だけではなく固形物でも同じことが言えます。たとえば大量の氷のせいでつまってしまった場合やチョコレートなどのお菓子、フンが内部でつまってしまった場合などもお湯を使うのが有効となります。

近頃の便器の構造は、水を流しやすくするために少ない水で多くの物体を流せるようにしたものが普及しています。こういった新型の便器の場合は、溶けやすい物体に対してお湯が効き易いので、適切な対処が出来れば十分に詰まりから回復させることができます。トイレットペーパーでつまってしまった場合もお湯で解けやすくすることができるなど、方法として多くのケースで利用することができます。理屈としては、水の温度が上がれば必然的にその中に解ける飽和量が増加するためです。

Comments are closed.