自分でダメならプロへ

自分でダメならプロへ

管理人 No Comments

トイレがつまったときに業者を呼ぶかどうか迷うことがあるものです。トイレは外から手を出せる部分が少なく、特につまりとなると、流れる部分から管を突っ込んだり、ラバーで圧力をかけるといった手法くらいしかありません。そのため、トイレのつまりに対処するためにはプロである業者に任せる方が効率的と言う場合もあるのです。ワイヤーブラシや高圧洗浄なども家庭用にありますが、そのレベルになると業者の方が労力的にも楽といえます。その代わり、費用がかかるため自身の手で対処できる場合には、毎回業者を呼ぶよりも面倒さの面では軍配が上がります。

もちろん、異物が混じるということは滅多に無く、意図的に何かを捨ててしまったり、何か異物を落としてしまうということになります。そして、後者の方が家庭のトイレでは良くあることです。携帯をトイレに落として流してしまうこともあります。ビニールやティッシュなど水に解けないものを流してしまうこともあります。素人が家庭の知恵だけで対処しようとするとむしろ状況の悪化が懸念される場合もあるほどです。その場合、プロに任せることで自体を解決できることも少なくないのです。そのため、つまりの原因ごとに対処法を変える事はトラブルの無いトイレの環境を整えることにもつながるのです。

関連サイト~http://0120245990.com/トイレ/トイレつまり.html
トイレのつまりの原因などを解説しているサイトです。

異物ならラバーカップ

管理人 No Comments

家庭のトイレ環境を整えることはさまざまな理由から推奨されているものです。とくにトイレがつまったときに対処できるようにしているかどうかで大きく違います。多くの人はトイレがつまったときのためにどのような対処をしているでしょうか。ほとんどの人がラバーカップを使っている事はホームセンターや100円均一などを見ても明らかなことでしょう。しかし、トイレに個の装備をしていなければ、いざと言うときのつまりに対処する事はなかなか難しいといわざるを得ません。

実際、トイレがつまったときに出来る選択肢と言うのはそう多くはありません。たとえば水やお湯を流す、ラバーカップを使う、直接異物を引きずり出すといった具合です。しかし、原因がわからずつまってしまった場合に器具が無い場合には非常に困ることになります。

異物がつまってしまったことがもしわかっているのであれば、大抵はトイレにラバーカップを用意しておくだけで対処できます。よほど大きな異物をつまらせてしまったということでなければというのは前提となります。それだけクリアしているのであれば、ラバーカップによって流れを改善させることが出来るのです。もともと一時的なつまりと言うのはそれがつまり続けるためではなく、一時的に細くなっている場所などに引っかかったりふさいでしまっているだけのことが多いのです。

水に溶けるものならお湯

管理人 No Comments

トイレがつまってしまうことはたびたびあるものであり、その対処法は家庭で出来ることとしてかなり限られてしまいます。その中でも良く使われて効果のある対処法を知りたいという人も多くいるものです。トイレがつまった場合に、最初に行われるのは余分な水をもう一度流すか、ポンプで圧力をかけるかといった手法がよく知られています。もう一つ、トイレのつまりに対処する方法としてお湯を使って溶かして流れやすくするという方法があります。

多かれ少なかれ、物体は温度の変化でもろくなったり変化するものです。それは薬品や水だけではなく固形物でも同じことが言えます。たとえば大量の氷のせいでつまってしまった場合やチョコレートなどのお菓子、フンが内部でつまってしまった場合などもお湯を使うのが有効となります。

近頃の便器の構造は、水を流しやすくするために少ない水で多くの物体を流せるようにしたものが普及しています。こういった新型の便器の場合は、溶けやすい物体に対してお湯が効き易いので、適切な対処が出来れば十分に詰まりから回復させることができます。トイレットペーパーでつまってしまった場合もお湯で解けやすくすることができるなど、方法として多くのケースで利用することができます。理屈としては、水の温度が上がれば必然的にその中に解ける飽和量が増加するためです。

つまりの原因で対処法は変わる

管理人 No Comments

よくトイレがつまってしまったということがあります。その多くには、事前に何かをしたせいでつまりが起きたという原因の部分があります。それを見極める事はその後の対処にも大きな違いをもたらします。つまりを何とかしたい場合に、原因と方法があっていなければ上手く解消されないこともあります。

つまりがどのようにして起きたのかはいくつかのパターンに分けることが出来る物です。大変なのは、良くわからないけどつまってしまったというケースです。下手に手を出したら悪化してしまう可能性もありますし、基本的な対処法でもどうにかなる場合もあります。よほどのことが無い限りは基本的につまったときの対処法を行えばよいです。

一見すると、トイレのつまりは一つのように見えてもそこに深刻なトラブルが隠れているということがまれにあります。これは長い間トイレを使っている場合や不特定多数の人がトイレを使っているという場合に起こりやすいといわれています。それが異物の混入によるトイレのつまりです。中には長い間つまったものが積もりに積もって深刻な詰まりを生じさせるということもあるのです。

トイレのつまりを原因ごとに対処する必要があることとしてはだいたいこれらです。すでにトイレがつまりやすいとお困りの方もいらっしゃるでしょう。当サイトでは、原因ごとにどのようにトイレを解消すべきか、その対処法の優劣などについてご紹介します。皆様にとって最善のトイレのつまりの対処方法になれば幸いです。